クラシカル総会終了(ひとり言 其の五百九十三)

2015年9月24日

あっと言う間に連休が終わってしまいましたが、久しぶりにずっとお天気が良かったので気持ち良く過ごせました。

ところで、昨日のクラシカルギターコンクールを主宰している日本ギター協会の委員会&総会は、思っていたよりもずっとスムーズに進行し、特に総会は1時間足らずで終了するほどの壮快なテンポでした。

私がお手伝いさせていただく会計に関しても、会則(第5章・第24条)によって、年度末の収支計算書は「委員長が作成」と明記されていて、肩の荷がいっきにおりた感じです。

菊地通介委員長の仕事は莫大ですが、とても細やかに会を仕切っているので「さすがだな〜」と感心します。

また、今期から前田司さんが新委員に就任し、有望な若手が加わって頼もしく感じます。

まだこの会では右も左も分からないことばかりなので、色々と教えていただきながら成長して役に立てるようになりたいと思います。

そして、創立40年以上のこの協会で学んだことを、アマチュアギターコンクール(全日本ギター協会)にも応用し、こちらもさらに良い運営が出来ればと思っています。


さて、話はガラリと変わりますが、次回の発表会のプログラムは予定通りにこの連休に完成しました。

2015年10月18日(日)、15時開演、横須賀市文化会館にての開催です。

今回は39組の参加です。

生徒の皆さんは今、一生懸命に練習中です。

入場自由ですので、ご興味のある方はぜひお気軽にお越し下さい。