ひとり言 其の二百四十八(ボジョレーヌーヴォー解禁)

2008年11月20日

ボジョレーヌーヴォーの解禁日です。
今年は天候があまり良くなかったから美味しくないと言われていますが、そもそも新酒の「祝い酒」ですから、味は二の次ぎ、三の次ぎ。
「今年も無事にワインが作れたことに感謝!」という気持ちがあれば、何でも良い(美味しい)のでは。
ワイン会が22日にあるので、そこで何種類かのボジョレーヌーヴォーを飲みます。
恒例のワイン会ですが、気のおけない仲間と飲むと尚更おいしく感じるから、お酒は不思議です。
ギターでもつま弾きながら、、、と、言いたいところですが、どうやら飲むと弾けないタイプのようで、、、。
お酒は弱いほうではないし、酔っぱらっても普段とあまり変わりなく(ご機嫌になる程度)、話している事もしっかりしていると自負しているのですが、演奏はどうも思うようにいきません。
飲んだ方がよく弾ける、というタイプの人も沢山知っているので、この違いはどこからくるのか是非知りたいものです。