ひとり言 其の二百五十(浅田真央はスゴイ!)

2008年12月13日

昨日のショートプログラムだって私は浅田真央のほうが良かったと思ってたけど、採点はキムヨナの方が高くて「やっぱり、ホームだとダントツじゃないと難しいのかなぁ〜」と思ってましたが、今日は真央ちゃんダントツでした!
あ、いきなりでしたが、フィギアスケートのファイナルの話です。
最強のライバルと言われている韓国のキムヨナも、ホント素晴らしい!
表現力という点では、浅田真央よりも大人っぽいし、上を行くと思います。
二人は最高のライバルでしょうね。
今後が楽しみです。
それにしても、フィギアスケートの世界は残酷ですね〜。
氷上で華麗に舞っているときは最高にカッコイイけれど、ミスして尻餅つくと失敗がハデですから。
音楽もスケートも、技術力と表現力、そしてそれをイザというときに出し切れる度胸(心)が大事ですね!
テレビ観てると、コンクールを受けていた頃の緊張感が蘇ります。
それはそれで、良い時代でした。
若い頃は色々な挑戦をするべきでしょう。
あ、生涯挑戦でしょうか、、、?
それもいいけれど、なんだか疲れちゃうかな、、、?
あ、この考えが老化の始まりでしょうかね、、、?
うむむ。