ひとり言 其の二百五十七(控え室の抽選会)

2009年2月1日

とりあえず、肩の荷がおりました〜。
今朝行われた抽選会、8月23日の全日本アマチュアギターコンクールの「控え室使用権」をかけた抽選会ですが、無事に全部屋を押さえることが出来ました。
今だから言えますが、もしこの抽選に外れていたら「全員テープ審査免除」という10周年特別企画の実現が、かなり難しくなっていたことでしょう。(大勢に来て頂いても、待機場所がなくては進行が困難ですからね)
そのプレッシャーは自分が気がつかないところで時々顔をのぞかせ、先週の火曜日には「あ、まずい!抽選に遅れる!!」と、飛び起きて「なぁ〜んだ、今日は火曜日。抽選は日曜日、、、」と、安心してもう一度寝ようと思ったけれどドキドキして眠れず、自分で「これ、けっこうキテルかも、、、」と苦笑した次第です。
そんなことだから昨夜はドキドキして眠れないかも、、、と思ったら、なんてことなく布団に入った瞬間に落ちていました。スコン。
さすがに朝は目覚ましより早く自然に目が覚めて、良いお天気だったので洗濯をすませてから抽選会場に。余裕。
45人もいる中、無事に取れました!パチパチパチ。
さて、今度は今日の夜に全日本ギター協会の委員会なので、具体的に当日の作戦会議をしたいと思います。
いや〜、それにしても、無事に取れて本当に良かった。
良かった,良かった。