ひとり言 其の二百六十(原先生のリサイタル欠席)

2009年2月27日

楽しみにしていた原善伸先生のリサイタルを欠席してしまいました。
午前中に美容院に行ったのだけれど、そこでもずっとボッ〜としていて眠気が取れず、ウトウト、、、。
いつもおしゃべりをしながらカットしてもらう10年来の気のおけない美容師さんから「今日は眠そうですね」と言われてしまったくらいで、家に帰ってからも、どうも調子が出なくて、おまけに耳が、、、。
どう説明して良いのか分からないけれど、耳に水が入ってしまった時のような違和感。ちょっとくぐもった感じで音が聞こえます。そして、ある音程(低音)はハウリングをおこしているように過剰に響くような感じです。ギターだと6弦のEはボワワ〜ンと3重くらいに聞こえます。
そんな状態だったので、リサイタルに行ってもきっと居眠りしてしまうだろうし、あまり耳も使わない方が良いかと思い、電話のベルまで消して部屋でひとり静養していました。
無理をしなかったのが良かったのか、耳の違和感はまだちょっと残っているものの、もう眠気もおさまり問題なく通常の生活をしています。
原先生のリサイタルはまた来年を楽しみにしたいと思います。