ひとり言 其の二百六十三(のんびり4連休)

2009年3月23日

公にはしていませんでしたが、実は18日(水)〜21日(土)までは4連休でした。
それもただの連休ではなくて、ゆっくり休める連休でした。
と言うのも、何から何まで全部自己責任となる私のような仕事の場合、休みと言っても通常のレッスンがないと言うだけで、ちっとも休めず(いわゆる雑務をこなして)終わってしまう場合が多いのが現実なのであります。
そしてたまに休みがあっても、コンクールの裏準備だ〜とか、ギター協会の委員会だ〜とか、知り合いのリサイタルだ〜とか、打ち合わせだ〜とか、で、結局のところ休めない場合が多いのです。ま、それはきっと、通常のサラリーマンでも同じ(やれ、ゴルフだ〜とか、やれ、飲み会だ〜とか、やれ、プレゼンの準備だ〜とか)だとは思いますが、、、。
ところが、今回の4連休は「本当の休み」として満喫させていただきました〜。
誰にも「実はワタシ連休なんだ〜」とも言わず、なるべく一人で(かつ、音楽とは慣れて)休みを楽しんでみようと、、、。
結果としては、まず睡眠を沢山とって、ビデオ(DVD)を5本観て、飲みに出かけて、毎日自宅で料理して、悲しい別れがあって、嬉しい出会いがあって、桜を探しながら散歩して、ベランダの鉢植えをし直して、、と普段と違う4日間を堪能出来ました。
もっと長い休みがあると旅行に行きたくなってしまいますが、このくらいの連休は気分転換として、特別なことはしないけれど、いつもとはちょっと違うことをするのには、ちょうど良いかもしれません。
もっとも、私の場合は「明日休みだからゆっくり飲めるぞ〜」と思うとつい油断して、ちょいと飲み過ぎてしまう傾向があるのですが、それでも「あの(元)大臣」のような醜態はさらさずに、楽しいお酒になっているのは幸いです(あれ、ちょっと、話が古すぎたかしら?)
そんな連休も終わり、昨日からまたビシッと仕事しています!
仕事が始まると「休みもいいけど、やっぱり仕事もいいなぁ〜」と、つくずく思ってしまう今日この頃です。