ひとり言 其の二百七十一(ジョン・ウィリアムス来日)

2009年5月9日

ジョン・ウィリアムスの6年ぶりソロ演奏会が、10月30日(金)と31日(土)に行われます。
チケットの一般販売に先駆けて、先行販売のお知らせが届きました。
「良い席からの販売」となるそうですので絶好のチャンス。お早めにご連絡下さい。

場所は、両日とも「すみだトリフォニーホール」です。
ただし、開演時間とプログラム内容は異なります。

10月30日(金)午後7時開演
プログラムは、
 *グラナドス〜詩的ワルツ集、
 *バリオス〜大聖堂
 *ヴィヴァルディ〜協奏曲Op3-9
 *アイルランド民謡〜4曲
 *映画音楽〜「シンドラーのリスト」「ディアハンタ−(カヴァティーナ)」「ニューシネマパラダイス」
など、他多数。

10月31日(土)午後2時開演
プログラムは、
 *アルベニス〜アストゥリアス、マジョルカ、コルドバ
 *ドメニコーニ〜コユンババ
 *タレガ〜アルハンブラの思い出
 *アイルランド民謡〜4曲
 *映画音楽〜ディアハンタ−(カヴァティーナ)
など、他多数。

アイルランド民謡とディアハンタ−のテーマ(カヴァティーナ)は、両日共通のようですね。
どちらも、聞きやすい名曲を並べたバランスの良いプログラムになっていると思います。

料金は、
S=¥10000
A=¥8000
B=¥6000
C=¥4000
S(2日共通)=¥18000

くどいようですが、良い席からの先行販売ですので、お早めにメールにてご連絡ください。
(注)生徒さん、元生徒さん、合宿参加者、知人や友人など、これまでに私とご縁があった方へのサービス(?)ですので、その旨ご了承下さい。

思いおこせば、私はジョンのレコード(特にバリオス作品集)を何度も聴いて小中学生の頃を過ごしたものです。
世の中にこんなに上手いギタリストがいるものなのか〜と感心していました。
最後に本人の演奏を生で聞いたのは、9年前のキューバでかなぁ〜。
その時、ツーショット写真(日本公演で写したもの)にサインをしてもらいましたが、その前にドイツでサインをお願いしたときには「NO」と断られてしまったニガイ思い出もあります。
確かに、その時のドイツでの演奏はやや不調かな?という感じがしたので、体調や気分によってファン対応も変わるのでしょうか。
今度の日本公演は機嫌がいいと良いですね。