ひとり言 其の二百七十二(忙しかった一週間)

2009年5月15日

この1週間は本当に大忙しでしたが、すべて予定通りに終わりホッと一安心です。
先日の日曜日は全日本ギター協会の委員会で、コンクール当日の進行についての詳細や、審査方法、審査基準、来年の課題曲の決定など、2時間半ずっと休憩無しでビッチリの会議。三鷹のレッスンは通常通り行ったので、レッスンを終えてからの会議&打ち上げとなりましたが、すぐ翌日もレッスンの合間をぬって(実は月曜日は14人もレッスンしているのです)コンクール参加者のデータ入力をして忙しくしていました。
その次の日は朝からグループレッスンで、お昼ちょうどに終わり、午後は1時〜6時までわずか15分の休憩1回で個人レッスン。本来は翌日の水曜日にはゆっくりと休めるのですが、今週はコンクールのチラシ原案作りや、チケットぴあ依頼の打ち合わせ、87名ぶんの本選自由曲の入力など、丸1日仕事して、夜遅くなってから息抜きに飲みに出て、行きつけのお店で5人で明け方まで飲んでました(汗)。疲れもピークに達すると、わけがわからなくなってナチュラルハイになるものですね〜。不思議と二日酔いにもならず、4時間ほどグッスリ寝てから、翌日の神奈川ギター協会の委員会にそなえて神奈川ギターフェスティバルの会計報告書を作成し、釣り銭や領収書の準備(会計担当なので)をして、その日はさすがに早めに就寝。気絶するように爆睡しました。
そして今日、朝10時から石川町で神奈川ギター協会の委員会があって、フェスティバルの反省会&収支報告、6月の新人ギタリストオーデションの打ち合わせ、来年の課題曲、40周年記念行事の話し合い、これまた3時間にもおよぶ会議でなかなか大変でしたが、帰宅後はすぐ今日の会計処理をして、アマチュアギターコンクールの参加票(87通)を作成。明日もう一度見直してから、お申し込み下さった方全員に発送の予定です。
、、、とまぁ、こんなバタバタな6日間。目も手も頭も疲れていますが、予定通り順調に事が運んだのが幸いです。
明日はちょっとゆっくりと、、、ギター弾きたいですねぇ〜。
あ、ところで前回お知らせした、ジョン・ウィリアムスのチケット(先行販売)ですが、すでに2日共通券は3〜4日前に売り切れました。
S席もどんどん良い席(前列や中央)は埋まってしまい、今から中央を狙うと1階の中央通路の後ろくらいになるかと思います。
一応、明後日(17日、日曜日)までは受け付けますが、それ以降は23日の一般販売でお買い求め下さいますようお願い致します。
もう一度、プログラムなど記載しておきます。

10月30日(金)午後7時開演
プログラムは、
 *グラナドス〜詩的ワルツ集、
 *バリオス〜大聖堂
 *ヴィヴァルディ〜協奏曲Op3-9
 *アイルランド民謡〜4曲
 *映画音楽〜「シンドラーのリスト」「ディアハンタ−(カヴァティーナ)」「ニューシネマパラダイス」
など、他多数。

10月31日(土)午後2時開演
プログラムは、
 *アルベニス〜アストゥリアス、マジョルカ、コルドバ
 *ドメニコーニ〜コユンババ
 *タレガ〜アルハンブラの思い出
 *アイルランド民謡〜4曲
 *映画音楽〜ディアハンタ−(カヴァティーナ)
など、他多数。

場所は、両日とも「すみだトリフォニーホール」です。