ひとり言 其の二百七十八(グチっぽいけど願望です)

2009年6月26日

6月28日に開催される神奈川ギター協会主催の「新人ギタリストオーデション」について、本選開始時刻を4時30分〜とHPでお知らせしましたが、5時くらいからの開始になりそうです。なりそうと言うのは、予選で演奏者の皆さんがどのくらいのスピードで演奏されるのか、または、集計で問題なくすんなりと結果が出るのか等々によって、その後の進行時間が変わってきますので、あくまでも「見込み時間」ということでしかお伝え出来ない訳です。
この5月に行われたクラシカルギターコンクールでは、予選終了時間が1時間近く遅れましたが、そう言うことは珍しくなく「よくある事」と言ってもよいでしょう。
8月の全日本アマチュアギターコンクールも、タイムスケジュールをしっかり組んで準備していますが、当日にならないと何が起こるか分からない状況なので、どうしようもありません。
お天気や予期出来ない事態に対しては、柔軟性をもって臨機応変に対応し、スタッフも委員もベストを尽くしますが、それ以前に、何よりも参加される皆さん一人一人の協力が不可欠です。
「自分ひとりくらい、、、」という甘えた考えは捨てて下さい。
「少しくらい、、、」という我がままや勝手な行動も慎んで下さい。
こういう「困ったちゃん」は、毎年いるんです。
演奏順番に控え室にいない人。スタッフが焦って探しているんです。音を出してはいけない所で練習している人。スタッフが会館の人から叱られているのです。勝手に控え室に入って練習してる人。私が見つけて注意しました(汗)、、、。
演奏中の出入り。携帯、フラッシュでの撮影、などなど。
本番だけでなく、準備の段階でも毎年必ずいるんです、困ったちゃん。
「メールで問い合わせを」と明記しても、緊急でもなく電話をかけてくる人。あ、自分だ!と思われた方、少なくないのでは?
そのたびに、レッスンが中断され、私も生徒さんも迷惑しているのです。
他にも、返信用封筒を同封しない人、同封しても切手を貼ってない人、振込でと言っても現金を送ってくる人、本選の自由曲を変更してほしいと言ってくる人、審査方法や選曲に匿名でケチをつけてくる人、、細かく言うとキリがないくらいです。
中には、こっちは参加費を払ってるんだから偉いんだぞ!みたいな不遜な態度丸出しの人もいます。
何度も言うように、神奈川ギター協会も全日本ギター協会も、営利はないのですよ〜。
つまりお金儲けには全くならない。そんなことよりも、誰かに喜んでもらえることやギター界で役に立てればという気持ちで、忙しい中みんな一生懸命にやっているわけですから、その意気込みをつぶす様な人とは関わりたくないのが本音なんです。
だからズバリ言います。
立場的には言ってはいけないことだと思うので、個人として、、、
こういう人には来てほしくないんです!
自分の言動に責任を持てる人だけに参加して欲しいんです。
そして、打ち上げでカンパイしたときに「あ〜、美味しいっ〜」って、飲みたいんです!!