ひとり言 其の二百九十三(ゆっくりした2連休)

2009年11月24日

この2連休はゆっくり休みを謳歌しました。
まず1日目は久しぶりに映画館に行きました。
前回のHPのひとり言では『沈まぬ太陽』を観たいと書きましたが、なんか暗い気分になるのもイヤだったし、上映時間4時間というのも結構重たいので、志向を変えて『This is it 』を観ました。
いや〜、マイケルジャクソンはやっぱりすごいエンターテイナーだったんだなぁ〜とあらためて思いました。
プロ中のプロ、って感じです。そのマイケルを敬愛して集まっている周りの人たち(共演者たち)もまた相当な人たちで、全員の本気さがひしひしと伝わって来て、思わず体が動いてしまう迫力。映画を見たと言うよりはライブを見た様なお得な気分で映画館を出ました。
その後、フグ料理の専門店に行きフルコースならぬ、フグコースを堪能。
お刺身、唐揚げ、お鍋、仕上げは雑炊、全部フグでお腹は満腹(フグになったような感じ)でお店を後にして、今度は三鷹駅北口に新しく出来たショットバーでカクテルを色々と楽しんで、タクシーで帰宅。
 翌日は爽やかに良く晴れていたので、布団を干したり、洗濯や掃除をしてから、井の頭公園を2時間くらい散歩。色々な出店を見たりしながら目的もなくぶらぶら。途中、生徒さんにバッタリ会ったり。
紅葉ももうけっこう色付いていて、池が陽光でキラキラ光り、とてもキレイでした。
帰りに大好きな毛蟹まるまる1匹と新鮮なボタンエビ10尾を買って、白ワインを飲みながら部屋でゆっくりDVD鑑賞。
ちょっと古いのですが「ハート オブ ウーマン」というラブコメディーを観ました。
メルギブソン演じるバツ1の自分勝手な男が、バスタブにドライヤーを落として感電し、女性の心(頭で考えている事)が読める特殊能力がついたことによって社内や家族との人間関係が変わり自分も変わってゆく、というストーリーです。最後はヘレン・ハント演じる会社の上司と結ばれてハッピーエンド。
コメディーにしては2時間を超える長さですが、テンポがいいので長く感じなかったです。もっとも内容は「お気楽なモン」ですが。
そんなこんなで2連休は楽しく、ちょっと贅沢に終了。
何も仕事をせずに休みを休みらしく、ゆっく〜りと過ごしたのは久しぶりだったので、とても良い気分転換になりました。
これまでは、休みに事務的な仕事をやることが多かったのですが、これからは休みにはなるべく仕事をせずに、のんびり過ごそうと思っています。
時間は作り出すもの。普段のタイム・コントロールはゆとりある生活に欠かせませんね。