ひとり言 其の二百九十九(毎週水曜の朝は歯医者)

2010年2月3日

久しぶりの「ひとり言」となりました。
最近ちょっと思うことがありまして、、、。ま、またそれは別の機会にでも。
 さて、先日、全日本ギター協会の今年最初の委員会(総会)が行われ、今年のアマチュアギターコンクールの骨子確認がされました。
募集要項はすでに出来ていて、昨年のステージ演奏者には来週中に「第1次予選免除通知」が送付される予定です。
 ところで話はまったく変わりますが、右上一番はじの奥歯の詰め物が取れたので、今日歯医者に行きました。
今度は詰め物が外れただけでなく、しっかり虫歯になってしまっていて、本格的に治療を行う事になりました。
「一番奥の歯なので見えない場所ですし、神経をとって二度と外れないように銀をかぶせましょう」ということになり、あと4回しっかり通わなくてはなりません。
ということで、毎週水曜日(レッスンお休みの唯一の曜日!!)の朝9時〜予約となりました。
せっかくのお休みの朝が、歯の治療からスタートするのも気が重たいのですが、それよりもお休みの前夜に飲みに行かれない(ニンニクも食べられない)のが残念。でも、仕方ありません。
これを機に、飲酒の量を減らして、休みの日も早起きして、、、と、もくろんでいますが、どうなることやら。