ひとり言 其の三百三十一(近年で一番緊張しました)

2010年11月6日

市民文化祭での演奏、たった今終わりました。

近年で一番、緊張しました。

終わった今は、お腹がうっすら痛いです。

これは、ドイツ留学の卒業コンサートの時に経験があります。

なんだろう?

体調のことは関係あるかと思います。

最近ずっと忙しくて、体力も落ちています。

考えなくてはならないことも多くて、気持ちの余裕もありません。
毎日、必死です。

そんな中での本番だったからでしょうかねぇ、、、?

「キレイに歌おう」と思っても、どこか「腹がすわらない」かんじで、右手がフワフワしてしまいました。

それでも何とか弾ききりましたが、今日の演奏は最近の日々の過ごし方をそのまま音にしたかのようでした。

アンサンブルを引っ張らないと!という使命感みたいなものも表に現れ過ぎですね。

そんなに必死にならなくていいんじゃない?と、自分が自分に言っているようでした。

もっと余裕を持ちたいです。