ひとり言 其の三百三十二(ここらでちょっと打ち止め)

2010年11月7日

昨日はついグチっぽい「ひとり言」になってしまいました。

考えてみれば、好きなことを仕事に出来ていて幸せなのに、忙しいなんて文句を言ったらバチが当たります。

でも。

やっぱり、、、「忙しすぎる」のは、問題です。

レッスンだけならノープロブレムなのですが、その他にやらなくちゃいけないことが多すぎるのです。

生活の糧となる教室の仕事の他に、全日本ギター協会の代表の仕事、神奈川ギター協会の会計と広告担当の仕事、防衛大学に楽しいギターの会 etc...
ご飯のしたく、買い物に行ったり、掃除に洗濯 etc...
来年の新企画(内容はまだ内緒)の交渉をしたり営業をしたり、著作権協会と渡り合ったり(?) etc...

やらなきゃいけないことをやっているうちに、時間がどんどんなくなってしまうのです。

そこで、良いことを考えました〜!

新規の生徒さんをすべてお断りさせていただきたいと思います。
「ちょっと習ってみようかな?」と思っていた方は、申し訳ありませんが他のお教室にお問い合わせ下さい。
ワンレッスン制の方のみ、こちらの都合のつく時間に、、、ということでよろしければお受けします。

それから今回は「志田ギター教室の忘年会」以外は、忘年会も新年会もすべて欠席させていただきたいと思います。

いつぞやかは、都合がつくのも全てに出席したら11連チャンになって、それもほとんどが「飲み放題付きのコース料理」だったので、楽しい忘年会のはずが、ただのお付き合い(義務感だけ)で参加しているようになったことがあります。
(それでもお酒が入ると楽しくなっちゃうんですけどね、、、。体に良くないです)

つまり、今まで通りの仕事はこれまで通りに精一杯がんばりますが、これ以上はもう頑張らないということです。
体も心も、シグナルがあるうちにそれに気づいてフォローしてあげなくてはなりません。自分のことでも。
何かあってからでは遅いのです。それが本当に責任のある生き方なのだろうと思うのです。

というわけで、、、
とりあえず、3〜4ヶ月はそんなペースで生活してみようと思いま〜す。