ひとり言 其の三百五十一(震災から2日)

2011年3月13日

普段ならテレビのCMがわずらわしく思うのですが、それもなくずっと緊急ニュースというのもキツイですね。

地震被害の大きさが明るみになるごとに気持ちが滅入ります。

正直言うと、実家で家族と一緒の時は軽口もたたけますが、一人になるとお風呂に入る時も余震や緊急速報を気にしながらで落ち着きません。

それに、、、ニュース映像を見ながら泣いています。

自然は、かくも無情です。

直接の被害がない私でさえ、こんなにショックなのですから、被災者の心中は計り知れないものがあります。

今、自分に何が出来るのか。。。

昨夜はあまり眠れませんでした。

今日も眠れない夜になりそうです。