ひとり言 其の三百六十九(神ギ協、委員会&暑気払い)

2011年8月10日

昨日、神奈川ギター協会の委員会&暑気払いがありました。

委員会の議題は、オーディションの収支報告や反省会。それから、過去4年の担当費の比較と今後の配分。新しい委員についてなどでしたが、私は会計担当なので、ほとんどの議題で中心になって発言していたような感じでした。
それも今年で4年の任期満了なのでもう少しで終わります。

暑気払いは、居酒屋で行われ、その後スペイン料理のお店で2次会。
ホセルイス・ゴンザレスが来日した時に打ち上げをしたお店だそうで、ワインもおつまみも美味しかったです。

夏はラテン系が合いますよね!
普段ブルゴーニュ(ピノ)ばかり飲んでいるので、コテっとしたスペインのワインは新鮮でした。
味だけでなく、遊び心満載なところも気に入りました。
トーレスという赤ワインだったのですが、牛のフィギュアがおまけとしてコルクにぶら下がっていて、それが最初は牛がおとなしくお座りしている姿で、次のボトルでは4つ足で立ち上がり、次のボトルでは前足が上がっていて歩き出す感じ、次は、、、という具合に、どんどん変化して行くんです。最後はハーフボトルなんですが、なんと牛が後ろ足を組んで仰向けに寝そべっている怠惰な姿。。。
なんともユニークでした。
ちょっと飲み過ぎましたが、楽しい暑気払いでした。