ひとり言 其の四百五十八(第14回テープ審査終了)


2013年6月8日

第14回全日本アマチュアギターコンクールのテープ審査が終わり、今日は一日中ずっと発送業務をしていました。

今年の合格者は50名ちょうど。8月24日にステージで「愛のワルツ」を弾いて頂くことになります。

合格者50名のうち、昨年ステージで演奏された方で今年も合格したのは21名、最初の第1次テープ予選から参加して合格した方は29名でした。

採点方法はいつも通り各審査員(今年は6名)が1〜5点を付けて30点満点で集計し、結果として今年は18点以上が合格となりました。

ただ、18点だったのは一人だけで、19点以上が49人だったので、演奏のレベルは僅差ながらも、採点では合否がハッキリと分かれたと言えるでしょう。

最高点は27点(1名だけ)でしたので、フェレールのタンゴがいかに難しい曲かがうかがい知れます。
最低点はゼロ点(?)、、、つまり「失格」が3名。
録音の再生が出来なかった方が1名、ダルセーニョをしないで途中で演奏が終わっていた方が2名でした。残念です。

合否発送はなるべく早く行います。

お電話では一切お知らせ出来ませんので、通知が届くのをあと少しだけお待ちください。

宜しくお願い致します。