ひとり言 其の四百八十(市民文化祭、当日の朝)

2013年10月27日

心配していた台風もすっかり通り過ぎて、とても爽やかな秋晴れとなりました。

いま、ホールステージでのリハーサルを終えて一時帰宅したところ。

リハーサルとは言っても、持ち時間は7分なので椅子の位置を確認するだけで音出しが出来きたのは4小節程度だけでした。しかし、沢山の演奏団体が出演するのでそれもいたしかたありません。

この『三鷹市民文化祭・午後のクラシック』は、主催が三鷹市で、主管は三鷹市管弦楽団です。
つまり、実際にアレコレと準備や進行をやって下さるのは、三鷹市管弦楽団の皆さんと言うことになります。

私たちの楽しいギターの会は10名で指揮者がいないアンサンブルなので「どう並ぶか=お互いの音がどう聞こえるか」ということになり、椅子配置は細かいところまで大切なのですが、配置担当の方は椅子の位置にマーキングひとつ付けていなかったので、正直「大丈夫なぁ〜?」という不安が残っています。
せっかく一生懸命練習してきたのに、お互いの音が聞こえずに(会場の響きは想定していても)演奏がバラバラになってしまうのは、回避したいものです。ましてや、他の誰かのせいにするようなことは絶対に避けたいところです。
一応、ステージ担当らしき人に一言だけ念をおしておいたのですが、もう次のリハ待ちの方々がステージにいらしてましたし、あとは三鷹市管弦楽団の方を信じて本番を待つしかありません。

さて、これからまた最後の合わせ練習があって会場に戻り、またレッスンの為に戻って来て、今度は本番の為にまた会場に行き、またレッスンの為に戻って来ます。
このバタバタスケジュールは、会場の三鷹市芸術文化センターが近いから出来る荒技です(汗)

前にも言いましたが、いまのバタバタした雰囲気がでないように落ち着いて演奏したいです。

そして何よりも楽しんで演奏したいと思います。

***

2013年10月27日(日)
第60回市民文化祭・室内楽
午後1時開演、午後6時20分終演(予定)
入場無料(出入り自由)
三鷹・楽しいギターの会の演奏は第2部の4組目
(2時50分くらいからスタート予定)
演奏曲目『三つのギターの為の協奏曲より第1、3楽章』

***