ひとり言 其の四百八十八(松井邦義さんお宅訪問)

2013年12月12日

昨日、ギター製作家の松井さんの工房にお邪魔しました。

お宅にお伺いしたのは10年ぶりくらいになるでしょうか。

家の前の急な坂(一度行った方は忘れないほどの角度!)もそのままで(笑)ご自宅の隣にある工房もまったく変わっていませんでした。

そして松井さんも(ちょっとだけ白髪が増えたようですが)その息子さんも相変わらず、サクっとした明るいキャラで、とてもお元気なご様子でした。

今回は生徒さんと一緒に伺いました。生徒さんにはやっぱり松井さんのギターを薦めてしまいますね〜。自分が気に入っているものは、やっぱり人にも薦めたくなるものです。

それに、色々なタイプも見てきているし、そのぶん良く理解できているので、自信をもって説明が出来るという点もあります。分からないことは松井さんに直接質問出来るので情報が100%確実というのも安心です。

杉のように、ボワ〜んと広がる音やドーンと重い音が好きな方には向かないと思いますが、松のピーンと伸びる、芯のしっかりある音が好きなら、透明感バツグンの松井ギターはオススメです。

それに作りが丁寧で弾きやすいですよね。

もっとも、それも人それぞれクセやタイプがあると思いますので、ギターは最終的にはその製作家のものを(理想を言えばその楽器そのものを)手に取ってみないと決められないかと思います。

色々なギターを弾いて、耳を鍛えて、主観的にも客観的にも見ることが出来れば一番だと思います。

あとは購入のタイミングですが、、、

『いつ買うの?今でしょ!』
か、どうかは分かりませんが、欲しい時は買い時かとは思います。

購入後は、ギターを『自分で育てて行く』ということが大事ですね。

良いギターは、しっかり引き込んで行けば、ますます、どんどん、更に音が出るようになって、ちゃんと育ちます。(安物は育ちません)

大事にしすぎて弾かないのは勿体ないです。

沢山弾いて下さい。

「自分の音に育てる」って、嬉しいし楽しいですよ〜!