最後のお見送り(ひとり言 其の五百二十六)

2014年5月20日

5月17日にはGG(現代ギター社)で、お世話になっている松井邦義さんの会があったので、生徒さんにも声をかけて、私自身も行く予定で、松井さん自身にも連絡をしていたのですが、知人に不幸があって急遽お通夜と告別式に参列することとなりました。

正直「私なんかで大丈夫?」と思いましたが、ご依頼をいただきましたので、両日共に受付係をお引き受けしました。

リサイタルやイベントの受付は数えきれないほど引き受けて来ましたが、お葬式の受付は初めてのことだったので、何かと戸惑うことも多いのでは…と思いましたが、しめやかに恙無く終わりました。

ご両親とご家族(奥さんとお子さん2人)を残されて若くして亡くなってしまい、本人だけでなく残された人たちの気持ちを思うと言葉がありません。

長く患っていたので、周りの方々も(私も含め)それなりの覚悟は出来ていたようですが、それでもやっぱり悲しみは計り知れないものです。

心よりご冥福をお祈りいたします。