新居の準備1(ひとり言 其の五百四十四)

2014年9月29日

マンションの引き渡しからちょうど10日が経ちました。引っ越しは来月ですが、新居の準備を始めています。

「自分で出来る事はなるべく自分で」と思って色々なことをやっています。

最初は面倒だったことにも慣れて、今ではちょっと『楽しむ気持ち』になってきました。

まず最初は、フローリングのワックスがけ。
日頃の運動不足解消に、少しだけ役に立った気がします。

全体に雑巾がけをした後に、ワックス専用のシートを使って、まんべんなくワックスを広げて行きます。

まずは一番目立たない寝室の床から試してみて、調子が良かったので、翌日に他の場所も全てやって、その翌日に今度は2度塗りで仕上げです。

フロアーコーティングをマンションの斡旋業者に頼んだ場合、25〜30万円くらいの見積もりが出たのですが、自分でワックスをかけたら5千円程度で済みました。もちろん、数十万円のコーティングとは質がまったく違いますが、もともと「ペットを飼っている場合や、小さなお子様がいらっしゃる場合」というコーティングの説明だったので、そんなに高品質なものは不要と判断した次第です。

今日は、大きなベットが入りました。フランスベットの固めのマットレスです。
大塚家具で散々寝転がってクッションを確かめました。
最後には羽毛掛け布団と枕まで出してくれたのですが、結局同じフランスベットを違うショップで買ってしまったので、ちょっと申し訳ない気持ちです。(汗)

そしてさらに、カーテンレールから床までの高さを測ったので、これからカーテンの注文です。
その前に、生地見本を30種類くらい取り寄せて、あれやこれやと迷ってしまい、、、でも、やっと決まりました。
ブランドはまったく気にしていませんでしたが、6種類(レース3種類)のうち、5種類がリリカラでした。
ファッションセンス・ゼロの私にとって、このカーテン選びはとても大変な作業でした。
想像力をもっと豊かにしないと!

そして今、一番困っているのは、エアコン。
今度のマンションは隠蔽配管という特別な工事が必要で、通常の家電量販店ではなかなか取り扱いが難しいようなのです。
引越業者の話で「化粧カバーなど加えたら取り付けに6〜7万くらいかかる」と言われたので「え〜、新しいの買えるじゃん!」って言う意気込みで色々と調べてみたのですが、やっぱり結構難しいようでした。

明日は、隠蔽配管を得意とする専門の業者さんが下見に来てくれる事になっています。
家電量販店ではなく、専門業者さんです。
下見(見積もり)の出張費だけで5千円かかりますが、やはり実際に見ていただいて、しっかり説明をしてもらって、それから質問もして、それで判断したほうが良いと思ったので依頼しました。
それくらい、隠蔽配管は難しく(後々のこともあるので)色々と考えてしまっています。

それから、レッスン室の防音絨毯についても調べました。
かなり複雑なカットなので、オーダーします。
これも、色や質感を比較してようやく決めました。
素材はウール100%に限定して探したのですが、一言でウール100%と言っても値段も質もピンキリですね。

まったく同じものなら安いほうが良いですが、『安かろう悪かろう』ではガッカリです。
カーテンや絨毯ベットのマットレスなどは、しょっちゅう買い替えるものではないので、ちょっと高くても良いものを選びたいと思います。
エアコンの工事会社もしかり。本体はどこで買っても良いですが、工事する人(職人さん)は腕の立つ人を選びたいです。

このあとは、電気も必要です。
昨日、踏み台(3段脚立)をネットで注文しました。明日届きます。
その台に上って、自分で電気を取り付けます。

お金を出せばやってもらえることでも、自分でやってみると色々な気付きがあったり、興味をもったり、視野が広がります。
やらなきゃならない状況に追い込まれないと、自分の好きなことしかやらなくなってしまうので、良い勉強になります。

これは、独学でギターを弾いていると自分の好きな曲しか練習しないけれど、教室で先生から宿題で出されると仕方なくでも練習するので、偏らずに上達出来る、ということに似ているかも知れませんね。

日々、勉強です。でも、なるべく楽しみながら!(笑)