新年から波瀾万丈(ひとり言 其の六百六)

2016年1月17日

まだ1月の半ばだというのに、波乱続きです。

年末に従兄が他界し、元旦に家の斜め前でどこかの猫が交通事故で死んでいて、数年ぶりに兄が新年に実家に来て、粗相をしない我が家の猫が玄関先でマーキングして、その猫が行方不明になって3日目に帰って来て、食あたりだか胃腸炎だかで自分が体調を崩し、、、
新しい年が始まってまだ2週間しか経っていないのに、何だかバタバタしていました。

が、ようやく落ち着きを取り戻した感じです。

お腹はまだ完治とは言えないものの、生活に差しつかえはないので問題ありません。
お酒を我慢して、消化の良いものを食べていればもう大丈夫だろうと思います。

また、嬉しいことに、新しい生徒さんからのレッスンのお申し込みもいただきました。
2月から月1〜2回のペースで千葉からいらしてくださるそうです。

ちょっと遠いので続けていただけるかどうか、正直なところ不安はありますが、まずはお越しいただけるだけでも感謝です。

「本格的にクラシックギターをやりたい」ということですので、こちらのやる気も出ます。

ギターでちょっとコードが弾けるようになりたい、、、という方より、やっぱり腕が鳴ります。

『ちょっとコード』をキッカケに、ギターの深みを知っていただくのもアリですが、最初からクラシックをやりたいという方だと「よっし!」という気持ちになります。

ギターって、とっても奥の深い素晴らしい楽器なので、じっくりその魅力を見つけていただきたいですからね〜!

表面的なカッコ良さだけを見てほしくないものです。