郵便対応(ひとり言 其の六百八十八)

2018年5月30日

この時期は毎日アマチュアギターコンクールの郵便物が(何度も!)届くので落ち着きません。

郵便局のシステム、なんとか改善されないものでしょうか?

書き留め、小包、通常郵便、速達郵便、それぞれの配達担当者が別々に来るのです。

人件費もかかりますし、こちらも対応に仕事が中断され、お互いにとって良いと思えません。

通常郵便ならポストに入ってるでしょう?と思われるかもしれませんが、CDをクッション材で保護しているのでポストに入りきれず、結局対面対応になります。

2週間ほど我慢の時期!と諦める以外に、何か良い方法はないものかな〜と思っています。

録音審査は6月8日(金)に予定していますので、その翌週早々には合否の発送が出来ると思います。

返信用封筒を忘れずに同封してください。

昨年は、返信用封筒が事務局に戻ってくるという信じられないことがあり、住所が途中までしか書いてなかったものがありました。

油断せずに、ご自分の住所氏名をしっかりとお書きくださいね〜(笑)